2021年6月

全国高校総体県予選会の組み合わせ等を掲載しました

2021/06/11

注意事項に日程等記載がありますので、大会前に確認をお願いいたします。

施設利用チェックシート(霞ヶ浦文化体育会館用)

(高体連用)健康チェックシート(Excel)

高校総体参加にあたっての留意事項(Word)

全国県予選注意事項(Word)

R3全国県予選組み合わせ(PDF)

Nittaku杯 茨城県ラージボール卓球大会の中止について

2021/06/11

茨城県おける新型コロナウイルス及び変異株感染者が収まりかけてきました。
6月7日(月)の茨城県大井川知事による臨時記者会見では、これまで感染拡大が続いてきた「ステージ3」から感染が収まりかけた「ステージ2」へと改める発表がありました。
皆様の自粛による努力で、環境が徐々に改善されてきたことは、大変明るい兆しで喜ばしいことです。
しかし、首都圏域における感染者数は、依然として高止まりが続いており、いつ第5波が茨城県に押し寄せるか油断を許さない環境であることも現実です。
そこで、8月9日開催の「Nittaku杯 茨城県ラージボール卓球大会開催について綿密周到に検討した結果は、以下の理由により開催することが困難という結論になり「開催中止」いたします。開催を楽しみに日々鍛錬してこられた皆様のご期待に添えない結果となりました。
心からお詫び申し上げます。さらに、この大会に絶大なご支援を賜りました日本卓球株式会社様には、衷心よりお詫び申し上げます。

なお、次期大会は10月2日(土)に計画しています。
この時こそ、ラージボール卓球を存分に楽しんでいただけるように努めます。

《中止の理由》

1.茨城県における新型コロナウイルス感染者は、減少傾向に転じてステージ2となった。
しかし、首都圏域における若い年代の人流が減少しておらず、むしろ増加していることから、再び感染拡大する危険な環境が続いている。

2.65歳以上のワクチン接種予約及び第1回目の接種が始まったが、65歳以上の全ての人が2回接種終わる時期が政府の予測よりも
遅れて8月にずれ込む可能性がでてきた。しかも、厚労省が公表している情報では、ワクチン接種後でも新型コロナウイルスに感染する可能性があると言われている。ファイザー社の新型コロナウイルスワクチンは、通常3週間の間隔で2回接種が必要です。
最も高い発症予防効果が得られるのは、2回目を接種してから7日から2週間経って以降といわれています。
そうすると、8月9日時点では、まだワクチン効果が出てこない可能性が高いと予測されます。
体の中である程度の抗体ができるまでに1~2週間程度かかるため接種後から2週間程度は、ワクチンを受けていない方と同じくらいの頻度で発症してしまうことが論文等でも報告されています。また、臨床試験においてワクチンを2回接種した場合の有効率は約95%と報告されており、
100%の発症予防効果が得られるわけではありません。

3.Nittaku杯茨城県ラージボール卓球大会は、全国につながる大会ではなく「健康寿命延伸を目的とした大会」です。
したがって生命の危険を伴うリスクを抱えたまま実施することは目的を逸脱します。

茨城県卓球連盟の健康チェックシートを掲載しました。

2021/06/11

卓球連盟 健康チェックシート(PDF)

「令和3年度 県民総合体育大会卓球競技」の記録

2021/06/7

令和3年度県民総体男子単記録

令和3年度県民総体女子単記録

「令和3年度第76回国民体育大会卓球競技(成年)茨城県予選会」の記録

2021/06/7

令和3年度国体県予選男子記録(PDF)

令和3年度国体県予選女子記録(PDF)

Page Top